♥ヒプノセラピー♥

潜在意識ってすごい!

人間の意識には、顕在(けんざい)意識と潜在(せんざい)意識の2つがあります。

顕在意識は、現実で自覚してる意識のこと。

潜在意識は、その顕在意識の下に潜む、無意識と言われる意識のことです。

そして私たちの意識のうち顕在意識はわずか10%程度で、残り90%以上は潜在意識によって成り立っているとご存じでしたか?

潜在意識は、常に私たちの日常の行動の方向性や決定を左右しています。

ひらめき、直感、思考、緊急時の対応などにも影響しているのです。

ということは、意識の90%を占める潜在意識のデータを変化させたり、書き変えたり加えたりすることで、現実の行動や思考が変わるということです。

では、潜在意識とは何からできているのか

それは私たちの心とからだに刻まれた記憶です

生まれてからこれまで過ごした様々な体験を通して、自分の心とからだに記憶されたデータから、自分の価値観や思考、行動ができあがっています。

ヒプノセラピーは、催眠によってこの潜在意識にアクセスし、

潜在意識のアップデートや新しいポジティブな思考のインストール、

反対にネガティブな思考のアンインストールを行うことができます。

それは今世だけにとどまらず、問題の原点が胎児期や前世にある場合、潜在意識に刻まれた胎児期や前世の記憶にアクセスし、なんらかのヒントを得たり、気づきや学びを得ることもできるのです。

クリティカルファキュリティー

私たちの顕在意識と潜在意識の間には、クリティカルファキュリティーと呼ばれる判断のフィルター(膜)が存在し、何が現実で何が非現実であるのかを判断しています。

催眠状態とは、このフィルターが薄れている状態なので、意識下に存在する無意識=潜在意識にアクセスしやすくなります。言い方を変えれば、潜在意識にアクセスしやすくする手段が催眠なのです。

クリティカルファキュリティーが薄れている状態は、日常でも多々あります。例えば朝、覚醒時にぼんやりしているとき。

目覚め直後はかなり深い催眠状態にあり、アーティストが楽曲を思いついたり、クリエーターが新しい構図や構想をひらめいたりします。

アスリートがスピードのある競技の中で、直感で動きハイパフォーマンスを生み出すのも、無意識の領域に入り集中力を増しているからです。

もっと日常的な行動では、夢中になって本を読んだり、テレビを見たりしているとき。周りの音が聞こえていないことってありますよね。

恋人同士で見つめ合っている時、周りの音も風景も無になって、自分たちの存在しか感じない感覚に陥ることもありますね。

それらもトランスと呼ばれる浅い催眠状態なのです。

このように「催眠」とは、私たちが日常で毎日経験している自然な状態なのです。

催眠術師に眼の前で時計をぶらぶらさせられて、意識を失ってしまった状態ではなく、睡眠とも違う状態であることを認識してしていただればと思います。

ヒプノセラピーでできること

ヒプノセラピーというと、トラウマとなっている記憶を探って問題を解消する療法のイメージがありますが、私たちの意識の90%を占める潜在意識に、催眠という方法でアプローチできるので、実にさまざまな事が可能なのです。中でも本当の自分を取り戻すために、有効な5つのプログラムを用意しました。

1.望みを現実にするための意識をインストールする

ダイエットや禁煙など何度挑戦しても、達成できなかった望みを、達成できる意識に書き換えることができます。そのほか、不眠や睡眠障害・閉所恐怖・飛行機への恐怖・高所恐怖・緊張症、あがり症など、様々な日常生活での問題を克服するために、自らの意識にもっとも定着する暗示をインストールしていくプログラムです。

2.問題の原点となる体験(インナーチャイルド)を年齢退行で探し、気づき、自ら癒し、学ぶ

自分の問題が、幼い頃の環境や体験によって培われた自分の価値観や思考、行動にネガティブな影響を与えているとわかっていても、その価値観や思考パターン、行動をポジティブな方向へスイッチするのは簡単ではありません。

ポジティブな方向へスイッチするために、ネガティブな思考の原点となった体験に催眠の年齢退行というメソッドによって戻り、それを大人になったご自分が癒す作業をし、催眠の中で自ら気づいた学びをインストールして、問題解消するだけでなく霊性の向上を目指します。年齢退行とインナーチャイルドセラピーが合体したプログラムです。

3.ポジティブな記憶を年齢退行(前世退行)で引き出し、再インストールして、人生の方向性を豊かにする

問題解消法は、ネガティブな記憶の解消だけではありません。実はこれまでの人生の中でのポジティブな経験にも、そのヒントがあり、大きな気づきを得ることができるのです。

例えば「私は自信がない」という感情があるとします。このネガティブな感情をはじめに作り出した体験に戻って癒すメソッドが上記の2だとすると、こちらのメソッドでは、「私がこれまでの人生の中で最も自信を感じた経験」という設定で記憶を呼び起こします。そのときの体験で感じた成功と達成感、自信を再体験して、新たな思考パターンに書き加え、定着させるのです。

それは今世だけにとどまらず、前世の記憶も有効です。「私は大金を稼ぐことや所有することに罪悪感がある」という感情があるとしたら、「私がこれまでの人生で、もっと豊かだったとき」という設定で、記憶を呼び起こします。前世がでてくる可能性もありますね。豊かに暮らしていても罪悪感がなかったときの思考パターンを再体験して、現在の思考パターンにインプットします。ネガティブな感情を再体験するのではなく、ポジティブな体験を再体験するので、モチベーションが上がり、ゴールフォーカシングをしやすいプログラムです。

4.大切な人、大切なペットなどを失った心の傷を癒す

配偶者や恋人、両親や子ども、友人やペットなどとても大切だった故人に対して、聞きたかったこと、伝えたかったことなどの想いが、ずっと心の中にひっかかっている。「あのときどんな思いだったのだろう」「あのときの自分の言動が影響を与えてしまったのではないか」など、亡くなった方や動物に対して、ネガティブな感情が現在の自分の思考や行動に影響を与えていることがあります。

このプログラムでは、催眠に入ってから知覚ポジショニングをいうメソッドを使って、相手の感情を知ることができます。一般的にはチャネリングとも言われています。チャネラーの素質がなくても、セラピストのガイドによりクライアント様の意識との二人三脚で、彼らの気持ちを知ることができます。

ずっと心にひっかかっていたわだかまりが解消し、ネガティブな感情がポジティブな感情へとスイッチしていきます。

5.問題の原点となる体験を前世退行で探し、気づき、自ら癒し、学ぶ

2の年齢退行とインナーチャイルドセラピーが合体したプログラムの前世退行バージョンです。現在の問題の原点が今世ではなく、前世の体験が強い影響を与えている場合、前世の記憶を呼び起こし、それを自ら癒し、学びを得ます。

例えば閉所恐怖症で、パニックになると呼吸ができない、窒息しそうな感覚に陥ることが問題だとします。その問題の原点となる体験で、前世に絞首刑になったときの記憶が出てくるかもしれません。催眠中にそのような再体験をしたら、怖いし、パニックになってしまうのでは?と思われるかもしれませんが、セラピストの誘導によって、もう一人の自分が客観的な立場から再体験する方法にスイッチすることができます。

また、前世に問題解消の糸口がある場合、その問題から学びを得て解決していない場合は、1度ならず何度も同じような体験を、時代や人間関係を変えて繰り返していることもあります。その負のスパイラルを今世で解消するために、この経験から学べることをハイヤーセルフを呼び出して、質疑応答することができます。

自分の潜在意識に存在する、高次元の智恵、ハイヤーセルフ、もしくはマスターや守護霊と呼ぶ方もいらっしゃるでしょう。そのエネルギーに心の中で質問し、的確なアドバイスを得ることができるのです。そのアドバイスをもとに、これまでの体験からの学びを自分の中へしっかりインプットして、より豊かな人生のための石杖にしてゆくプログラムです。

◆ヒプノセラピーとは

ヒプノセラピーは、1800年代にスコットランドの医師、ジェイムズ・ブレイド氏によってはじめられて以来、数々の医師や心理学者によって研究され、臨床に使用された長い歴史をもって今に至ります。

ヒプノセラピーとは、ヒプノシス=「催眠(さいみん)」とセラピー=「療法」を合わせた言葉です。日本語では、「催眠療法」となります。

「催眠療法」と聞くと「催眠術」のイメージから、眠らされている間に意に反する行動をさせらりたり、話したり、または催眠にかかったまま目覚めなかったらどうしよう・・・などと不安な連想が頭をよぎりますが・・・

実は催眠という現象は、寝ている状態(睡眠)ではなく意識ははっきりしている中で、自ら潜在意識にアプローチしている状態なのです。

催眠状態とはこの潜在意識にアクセスしやすくなる状態なのですが、実は私たちは日常生活の中で、何度もこの催眠状態を体験しています。

無意識レベルでなにかをしているとき、それが催眠状態です。

例えば、時間がたつのを忘れて夢中で本を読んでいるとき、集中していると周りの音も気にならないですよね。また考え事をしながら家への歩いて帰るとき、いちいち道順を考えなくても無意識でいつもの道を選択していますよね。

ホラー映画を見ているとき、顕在意識では作り物だとわかっているのに、緊張したりドキドキしたりするのは、無意識がそのイメージに埋没しているからです。

日常私たちが実際にものを見たり聞いたりして考える時には、普通の意識である「顕在意識」を働かせています。でも実はこの顕在意識とは、100%の「意識」の中のたった10%に過ぎません。残りの90%は「無意識」=「潜在意識」です。

この顕在意識10%と潜在意識90%の間には、クリティカルファカルティー(判断の膜)というフィルターがあり、私たちは現実か非現実かを識別しています。

ヒプノセラピーでは、このクリティカルファカルティーのフィルターを超えて、潜在意識の中にリラックスした催眠状態になって入り、自分の記憶の中を探索していきます。

まず体験では、催眠にかかっているという期待はせず、ただリラックスしている感覚を想像してください。

意識をコントロールされることはありません。また自分が話したくないことを話してしまい秘密が明かされる心配もありません。催眠から覚めないということもありません。必要であればいつでも自分の意志で目覚めることができます。

ヒプノセラピーとは、クライアント様とセラピストが互いに協力しながら、潜在意識の中へ入り、イメージワークを通して何かを気づき、学ぶことができる癒やしのメソッドなのです。